マーケティングオートメーションをクラウドで活用するメリット

マーケティングオートメーションの概要

マーケティングオートメーションとは、新規顧客を獲得することや見込み顧客の育成を目的としてマーケティング施策を分析、強化するためのソフトウェアのことです。そのソフトウェアにはBtoB向けとBtoC向けとがあり、機能や価格はさまざまです。運用方法は専門の事業者が提供しているサービスをクラウドで利用する方法とサーバーなど必要な設備を自社で用意して自社運用する方法があり、それぞれに特徴があるので自社に適した運用方法を選んで導入します。このマーケティングオートメーションの国内需要は高く、今後も導入する企業が増加していくと見込まれています。マーケティングオートメーションはいずれマーケティングを行う上でなくてはならないツールになることでしょう。

マーケティングオートメーションをクラウドで利用するメリット

マーケティングオートメーションの運用方法には既にあるサービスをクラウドで活用する方法と自社運用する方法がありますが、導入しやすいのはクラウドで活用する方法です。何故なら自社運用とは違い自社で設備を購入しなくても良いので、導入時のコストを低く抑えられるからです。サービスを提供している事業者と契約して設定さえしてしまえばすぐに始められるのも大きなメリットでしょう。また、災害時など不測の事態が起きた時にはサービス事業者が対応してくれるので心配ありません。その一方で機能面やサービス面に不満があるという時には違うサービスに切り替えることもできます。クラウドを活用する運用方法は自社運用と比べると運用しやすく、メリットが多いといえます。