マーケティングオートメーションを自社システム上に構築するデメリット

マーケティングオートメーションの主流はクラウド

マーケティングオートメーションは、営業支援に役立つツールとして幅広い業種に取り入れられています。システムの導入というと、今まではオンプレミス型といわれる、自社内のサーバーで運用することがほとんどでした。これに対して、最近ではクラウド型と呼ばれるインターネット上にあるハードウェアを利用してシステムを運用することが主流になってきました。クラウドサービスは、今では大企業や公的機関なども利用を始めており、この流れは止められないと考えられます。ただし、すでにある社内システムとの連携やカスタマイズのしやすさ、セキュリティ面は、オンプレミス型の方が優れているとされているので、導入に踏み切れない企業があるのも確かです。

オンプレミス型のデメリット

すでに自社内にサーバーが構築されている企業は、オンプレミス型の方がメリットを感じやすいかもしれませんが、デメリットもあります。まず、オンプレミス型のマーケティングオートメーションを導入する場合は、初期費用が高くなることがデメリットです。すでにサーバーやネットワーク機器などのハードウェアがあっても、システムに見合う機材を追加購入する必要も生じえます。導入の時間的なコストもオンプレミス型の方が必要です。

また、ライセンスを管理したり、スムーズに運用するために情報システム部の人員を割かなければなりません。さらに、自社内のシステムでマーケティングオートメーションを運用すると、災害や障害が発生した場合の復旧に時間がかかり、BCPの観点から問題とされることがあります。