マーケティングオートメーションを自社システム上に構築するメリット

マーケティングオートメーションをオンプレミス型で構築する

マーケティングオートメーションを活用することで、見込み客の掘り起こしが容易になります。多くの販促費を投じたとしても、売上に結び付けられなくては意味はありません。興味を持って来訪する方へ、段階的に育成していくことがマーケティングオートメーションを利用することで可能になります。導入に際しては、自社システム上に構築するケースも少なくはありません。オンプレミス型という導入スタイルを取ることにより、他の社内システムとの連携が可能になり、各部門間での情報共有が容易となるからです。既存の顧客管理システムや在庫管理システムと連携することで、ユーザーに対してリアルタイムに有益な情報を伝えることが可能となります。

マーケティングオートメーションにより得られるメリット

マーケティングオートメーションには、営業効率を高めるための各種機能が搭載されています。顧客に購買意欲を喚起されるためのナーチャリング機能、見込み客の情報を格納するリード管理機能などが含まれます。ユーザーが成約に至るまでの導線を、シナリオ通りに行うことが出来れば売上計画も立てやすくなります。Web解析やスコアリングを用いて、ユーザーの動きを捉えながら、成約に結び付けられるプロセスを考えられるからです。扱う商材に特異性がある場合には、リードクオリフィケーションを用いたリードの選別を行うことも可能です。営業活動を始める前に、ペルソナに向けたゴールを決めることが、マーケティングオートメーションにより実現するのです。